こんにちは、YouTube動画制作・チャンネル運営サポートをおこなっているNEXPIAです。

記事の内容

この記事ではYouTube撮影におすすめの機材を紹介していきます。実際に、弊社にて使用している機材です。これからYouTubeを始められる方は参考にしてみてください。

YouTube撮影に最低限必要な機材

YouTube撮影で使っている機材 iPhone

まず大前提として、YouTubeの撮影に最低限必要な機材はスマートフォンです。

本当に、スマートフォンさえあれば動画の撮影から編集・アップロードまですべておこなえます。

スマートフォンならみなさんのポケットの中に入っていますよね?ほかに機材を買い足す必要がないですし、すぐに動画を撮りはじめることができます。

これからYouTube撮影をはじめる人はまずスマートフォンで動画を撮ってアップロードしてみるといいと思います。

ただ、スマートフォンだけではいくつか物足りない部分もあって、

  • 風が強いところだと声がうまくとれない(雑音が入る)
  • マイクの性能にこだわると物足りない
  • 画面が小さいので編集しにくい
  • 海の中の撮影とかが少し不安
  • 空撮ができない

ここからは、少しだけYouTube撮影にこだわりたい人のみ読んでください。

カメラ機材

ネスピアがYouTube撮影で使っているカメラ機材を紹介していきます。

YouTube動画のクオリティにこだわりたい方は参考にしてみてください。

カメラボディ

SONY α7C

SONY α7C

軽くて扱いやすい、カメラ初心者の方にもおすすめのフルサイズカメラ。スタビライザーにのせて撮影しても疲れにくい。

写真も動画も撮影可能。

ソニー α7C

「タッチトラッキング」に対応したバリアングル液晶モニターを搭載。

YouTube撮影に適している。

SONY α7III

SONY α7III

SONYフルサイズカメラの代表的な存在。

写真も動画も撮影可能。グリップの部分が大きく、α7Cと比べるとやや男性的。α7Cよりも重い。

SONY α7Ⅲ

SONY α7Cよりもカスタムボタンなどが多く、拡張性が高い。

α7Cに比べると扱い方のパターンが多く、やや複雑。

カメラレンズ

SONY レンズ

SONY SEL20F18G

大口径超広角単焦点レンズ。

高い解像力とぼけの美しさを小型・軽量で実現。

ジンバルやグリップに装着しやすい。

自撮りやルームツアー動画の撮影に最適。

SIGMA レンズ

SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN

三脚に装着して撮影するYouTube動画におすすめ。

SDカード

SanDisk Extreme Pro 128GB

SDカードは処理スピードが早いものがおすすめ。

レンズフィルター

レンズフィルター

NDフィルター

NDフィルターはレンズから入る光の量を減らすために使うグレーのフィルターです。カメラレンズに取り付けて使います。まぶしさを抑えるサングラスをイメージするとわかりやすいですね。

レンズフィルター

NDとは、「Neutral Density(ニュートラル・デンシティー)」の略で、直訳すると「中立な濃度」という意味です。光の量を減らすのがNDフィルターの役割です。

予備バッテリー

SONY予備バッテリー

長時間YouTube撮影する場合は、予備バッテリーとバッテリーチャージャーが必要。

マイク

RODE ショットガンマイク

RODE VideoMic Pro Rycote

RODEのショットガンマイク

RODE ピンマイク

RODE Wireless GO

RODEのワイヤレスマイク

ピンマイク

SONY ECM-SP10

ソニーのピンマイク。RODEのワイヤレスマイクをそのまま服に取り付けると少し目立つので、ソニーのピンマイクを活用しています。

SHURE マイク

SHURE MV88

iPhone用のマイク。簡易的なナレーション撮りなどにも活用できます。

三脚

Neewer 三脚

Neewer 184cm 三脚

アルミで軽量、コスパのいい三脚。

マンフロット ミニ三脚

Manfrotto ミニ三脚

高い位置でカメラを固定できる大きめの三脚だけでなく、手持ち用の小さめの三脚があるとさらに便利。

スタビライザー

DJI RONIN-SC

DJI RONIN-SC

手ブレを軽減させてくれる、スタビライザー。ジンバルとも呼ばれる。

一台あると撮影の幅がひろがる。

DJI RONIN-SC

使わないときは、分解してコンパクトに収納できる。

持ち運びにも便利。

ドローン

DJI Mavic Air

DJI Mavic Air

コンパクトで持ち運びに便利なドローン。

照明

YouTube 照明

FalconEyes RX-18TD

本格的な照明機材だが、持ち運びもできて便利。

まとめ

今回は、NEXPIAがYouTube撮影で使っている機材をすべてまとめました。

YouTubeは機材にこだわらずとも始めることはできますが、やはり、機材にこだわると動画の質に違いがでてきます。

カメラ機材でのお困りごとや、YouTube運営サポートについてはいつでもお問い合わせください。

>>お問い合わせ

以上、『YouTube撮影で使っている機材』でした。

関連記事:5社比較!YouTube運営代行会社の選び方ポイントまとめ