こんにちは。ライターの大塚たくまです。

ネスピアさんの紹介記事を書くことになり、公式サイトで調べていたところ、トップページに気になる文言がありました。

いや、動き出さんやろ。

最近では「YouTubeはもう遅い」という声も聞くし、映像ど素人が突然YouTubeを代行業者に任せたところで、誰もみないし、採算なんて合うわけがないと思いました。

「この疑いを解決しないと、紹介記事なんて書けない」

そう思った僕は、率直な疑問をそのままネスピアの松見さんと山田さんにぶつけてみました。(お仕事が破談になりませんように。)

ネスピアの疑い①要はYouTube動画編集代行でしょ?

ーーネスピアのサイトを一通り見たんですが、要は「YouTubeやりたいけど編集するのは大変ですよね。だから、代わりに編集しますよ」というサービスですよね?

松見:いえいえ、違いますよ!

ーーえっ。そうなんですか?YouTubeで一番面倒なのって、編集じゃないですか。編集をしてもらえるだけでも、実際かなり助かるんですけど。

松見:YouTubeをやるのに編集だけのお手伝いをしても、あまり意味がないんですよ。いろいろ考えていかなきゃいけないことはたくさんあるので。

ーーとは言え、正直編集さえしてくれたら動画はアップロードできるじゃないですか。何か他に必要あります?

松見:YouTubeは編集代行だけではなく、企画から分析まで、やらなきゃいけないことはたくさんあるんですよ。

ーーYouTubeでの動画企画や、分析までやってくれるということなんですね。でも、編集代行だけでも十分ビジネスはできると思うんです。なんでそこまでやるんですか?

山田:それは、自分たちの失敗からですね。私達は以前、いくつもチャンネルを立ち上げては失敗してきました。抹消したチャンネルたちは「YouTubeをやった先に何があるのか」が見えてなかったんです。

ーー単にチャンネルに動画を上げるだけじゃダメ、ということですか。

山田:そうです。大事なのは、YouTubeチャンネルを運営することで、ビジネスをどうしたいのかという目的。そこを、逆算しながらYouTubeをつくらないと、疲弊するだけなんですよね。

ーーたしかに。目的もない動画を、ただ上げ続けるのって、空虚でぞっとしますね。

松見:そうでしょう。私達は誰のためにもならないことはしたくないんです。だから、編集代行だけではなく、企画やYouTubeチャンネルの分析までを行い、お客様といっしょに走ります。

ネスピアの疑い②視聴者が喜ぶ映像企画なんて無理でしょ?

ーーでも「企画をやります」なんて、口にするのは簡単ですけど、視聴者が喜ぶような独創的な映像企画なんて、本当にできるんですか?

松見:YouTubeって、別に「独創的な企画」って、必要ないんですよね。

ーーえっ、じゃあパクリ……。

松見:違いますよ。笑 既にYouTubeで結果が出ている動画から着想して、クライアントさんのビジネスと掛け合わせて考えるということです。

ーーなるほど! まあ、たしかにYouTubeには既にたくさんのバズ動画がありますしね。そのどれもに視聴回数が表示されるようになっているわけですし。

山田:クライアントさんのビジネスの魅力をYouTubeの文化に合わせることで、企画を考えます。他にも切り口はたくさんあります。そういう発想で考えると、どんなにひねっても動画ネタがないということはないと思います。

ーーそうは言っても「うちには動画にできる企画なんてないよ」という会社は多いと思うんですけど……。

松見:どの会社でも、一番のコンテンツは「本業」なんです。その本業に魅力があるからビジネスをやっているわけで。YouTubeのときにそれを投げ捨てる必要は一切ありません。

ーーYouTube用に着替える必要はないんですね。けっこう、YouTubeだと「YouTube用」にする会社が多い気がします。

松見:「肩肘張らず、そのままやってもらったらいいんですよ」とよくお伝えします。YouTubeの企画になるようなコンテンツがないのなら、本業のお仕事は成り立ちませんから。

山田:普通にいつもやっている仕事を、YouTubeの文化に沿った見せ方にすればいいんです。

ーーYouTubeの文化に沿った見せ方って、どんなものなんでしょう?

山田:YouTubeの文化の基本は、悩みを深堀りして、そこに動画を当て込んでいくということですね。

ーー悩みに応じた企画ということですか。

山田:企画はもちろん、とにかく細部に至るまで、視聴者に合わせて動画をつくるべきです。寝る前にリラックスした状態で見る動画ならゆったりした編集がいいし、サラリーマンが通勤時に見る動画なら、めちゃくちゃカット早くテンポよくもう息継ぎないレベルのやつ作った方がいいし。

ーーなるほど。そのあたりの引き出しは、専門業者ならではですね。

松見:チャンネルを運用する中で考えることも多いですね。たとえば、工務店さんのルームツアー動画でキッチンのシーンがよく見られているのであれば、次にキッチンの選び方を言及した動画を制作します。さらに、食洗機の選び方の動画を制作します。

こうやって考えると、視聴者がルームツアー動画⇒キッチンの選び方⇒食洗機の選び方といった感じに回遊しますよね。この導線を予め仕込んでおきます。

ーーそうやって、視聴者の動向を見た企画も重要になるんですね。

松見:PDCAをまわしながら考えていくことが重要です。とは言え、YouTubeの視聴データを見ても、今後どう活かせばいいかなんてわからないじゃないですか。そこをサポートするのも、私たちの仕事です。

ネスピアの疑い③YouTubeで売上に直結なんて無理でしょ?

ーー企画に関してはわかっていました。でも、売上に直結させるというのは無理だと思うんです。さすがに言い過ぎてるでしょ?

松見:いえいえ、そんなことないんですって!

ーーどうしても、YouTubeが売上に直結するというのがピンとこないんですよね。どうすれば、YouTubeが売上につながるんですか?

松見:YouTubeで購買に近い層と出会うようにすることですね。むしろ、購買から遠い層は遠ざけるような意識が大切になってきます。

ーーえっ。でも、いきなりそんなに絞り込むのは損じゃないですか?とくに視聴回数やチャンネル登録者数が大切なYouTubeで、それはさすがにもったいない気がするんですが。

山田:企業がやるYouTubeで、視聴回数やチャンネル登録者数は関係ありませんよ。

ーーえ!?そうなんですか。

松見:はい。とにかく「動画が売上に直結するにはどうすればよいか」を考えるべきです。

ーーYouTubeの視聴者を幅広く獲得し、バズる動画で認知を高めるのが大切のような気がしちゃうんですけど……。

山田:YouTuberになろうとしているわけではないので、バズる必要はありません。企業はYouTubeで稼ぐ必要がなくて、本業の手助けになれば良いわけですよね。

ーーそうか。視聴回数やチャンネル登録者数ばかりに注目する価値観はYouTuberの発想なんですね。

松見:企業にとってYouTubeは、本業をサポートするものです。YouTuberとは基本的な発想が違います。商談で話す内容を動画で先に見られるようにしておくだけでも、時間の節約になるじゃないですか。

ーーなるほど。そういう考え方なのか。

松見:実際に工務店さんでYouTubeで受け入れられやすい「ルームツアー」の切り口で、内覧のときに話すような専門的な話をした動画が85万回以上閲覧され、実際の成約に貢献しています。

住宅購入を検討している人にはありがたいルームツアーの専門的な解説

ーー商談に行く前から、自分で選んで動画を見られるのはいいですね。

山田:誰がトークしても変わらないような部分をYouTubeにしておくだけでも、価値は高いですよ。購買意欲の高い人ほど、そういう動画をしっかり見て、勉強してくれますし。

浄水器購入を考えている人にありがたい説明動画

ーーたしかに。大きな買い物であればあるほど、見ちゃいそう。

松見:YouTubeでは再生回数が伸びなかったとしても、商談で話す内容を動画で先に見られるようにしておけば、お互いに時間の節約になるじゃないですか。効率化することで、また他の仕事ができるようになるわけです。

ーーぼくもWebをやっているからわかりますが、一見ニッチと思っても、「日本中」となるとかなりの人が当てはまりますからね。ちゃんとハマれば、少ない視聴回数でも結果が出るでしょうね。

松見:その通りです。だから、本当に「買いたい」と思う人の悩みに当てはまる動画をつくることができれば、売上にもつながるし、たくさん視聴されることも起こりえます。

ーーそうやって、潜在顧客とたくさん出会え、親近感とともに信頼もしてもらえるというのはいいですね。なるほど、そういうことだったのか……。

松見:買おうと考えている人の役に立つことが大切なんです。

ーーYouTube、面白いですね!

ネスピアの本質は「Webマーケティング」にあり

ーーお話をうかがっていて思ったんですが、ネスピアさんはYouTubeの会社というより、本質は「Webマーケティング」の会社ですよね。

松見:そうです。正しくは「YouTubeを活用したWebマーケティングの会社」です。

ーー「YouTubeが売上に直結」と言われると、「ん?」と思ったんですけど、「Webマーケティングが売上に直結」と言われると、「そりゃそうだ」と思います。

山田:「外部社員」みたいなイメージで、ネスピアを活用してもらいたいですね。Webのことなら、総合的にサポートできるので、何でも相談してほしいと思います。

ーー素晴らしい仕事をしているのに、発信していないせいで世間に知られていないというのはもったいないですからね。

松見:YouTubeの企画からわたしたちと一緒に取り組むことで、Webへの考え方がガラッと変わることも多いですよ。

ーーYouTubeから、Webマーケティングを始めるのも、面白いかも知れませんね。ぼくも知らなかった「企業YouTubeの世界」が知れて満足です。率直に聞いてよかった!

松見:ぼくらも取引先企業さんの成功を一緒に願い、一緒に喜びます。ぜひご相談ください!

YouTubeの活用方法は想像以上に幅広い

株式会社ネスピア

やっぱりインターネットは面白いですね。

「企業のYouTubeって、なんか意味あるの?」と思っていましたが、めちゃくちゃ意味ありました。今となっては、冒頭の自信満々の疑いの目が、若干恥ずかしい。

まっとうな仕事をしているのなら、まっとうな発信をすれば、成果につながる。

売上が上がらない最大の理由は「知られていないから」です。「いい仕事をしていれば、自然にうまくいく」という時代はかなり前に終わりました。

今は「いい発信をしないとうまくいかない」時代です。逆に「いい仕事をしていないのに、発信だけうまくて、うまくいっている」という人もいる時代でもあります。

いい仕事に、いい発信をかけ合わせて、何が起こるのか。

YouTubeの活用方法は想像以上に幅広く、自由です。ぜひ、YouTubeを知り尽くしたネスピアと一緒に、新しい可能性を見にいってみてください。

関連記事:工務店のYouTube実践テクニック10選!【100%確実に売上がアップする】

関連記事:5社比較!YouTube運営代行会社の選び方ポイントまとめ