こんにちは、YouTube動画の制作編集・チャンネル運営代行をおこなっているNEXPIAです。

この記事では、わたしたちがYouTube動画のクオリティにこだわる理由を説明しています。

ぜひ、企業のYouTubeチャンネルを任されている担当者の方、もしくは経営者の方に読んでいただきたいです。

まず、YouTube動画はクオリティが命である理由を書いていきます。

この記事でいうYouTube動画とは、主に企業が運営するYouTubeチャンネルの動画のことです。一個人が運営するいわゆるYouTuber的な動画には当てはまらないと思うのでご了承ください。

クオリティの低い動画が引き起こす、企業にとって良くないこと

YouTube デメリット

まず、YouTube動画はクオリティが大切ということを説明するために、逆にクオリティが低い動画を出し続けるとどうなるのか、わたしたちの考えを書いていきます。

クオリティが不十分な動画を出し続けると企業にとって良くないことが起こります。

具体的には下記の3つです。

  1. 企業イメージを下げてしまう
  2. 潜在顧客獲得の足かせになってしまう
  3. 社員の貴重な時間を無駄にしてしまう

企業イメージを下げてしまう

YouTube 失敗 戦略

世の中の企業が運営するYouTubeチャンネルを見てみると「ホームページはしっかりとデザインされているのにYouTubeチャンネルはイマイチだな…。」ってことが多々あります。

この「なんかイマイチだな…」と感じる理由は、YouTube動画のクオリティが高くないからです。

今はどの企業もホームページを持つことが当たり前で、多くの企業がホームページには力をいれています。しかし、まだYouTubeチャンネルまでは手が回らない企業さんがほとんどではないでしょうか?

YouTubeに手が回らないからといって、クオリティの低い動画を出し続けるのはもったいない気がします。頑張って更新したYouTubeが、結果的に企業ブランディングを下げてしまうことに繋がりかねません。

もっと言うと、せっかくデザインしたホームページもYouTubeチャンネルがイマイチなせいで、良い印象にならないといった悪循環に陥っている企業さんが多いです。

このように、クオリティが低いYouTube動画を出し続けると企業イメージを損ねてしまうといった弊害があります。

潜在顧客獲得の足かせになってしまう

YouTube クオリティ

次に、潜在顧客獲得の足かせになってしまうという弊害が起こります。

せっかくYouTubeであなたの動画にたどり着いたのに、クオリティが低いせいでその潜在顧客を逃してしまうケースです。

映像の質・音質・動画編集のクオリティが低いと視聴者はすぐに視聴をやめてしまいます。

動画の内容がよかったとしても、概要欄の文章がよかったとしても、肝心要の動画のクオリティが低ければ視聴者がさいごまで動画を見てくれることはありません。

潜在顧客獲得のためにはじめたYouTubeが、顧客獲得の足かせになっていては本末転倒ですよね。

社員の貴重な時間を無駄にしてしまう

クオリティが低い動画を出し続けていても、そのYouTubeチャンネルが世の中の人に届くことはありません。

いや、世の中の誰かには届くかもしれませんが、潜在顧客や見込み客に届いて売上につながる可能性は限りなく低いです。

YouTubeをやる目的が売上を上げるためならば、クオリティが低い動画を量産することになんの意味もないですよね。

もしもYouTube動画の制作を社員に任せていたとしたら、貴重な社員さんの時間を無駄にしてしまうことになります。

YouTube動画がクオリティ命である理由

YouTube 動画 クオリティ

上記であげた3つの弊害は、企業にとって割と大打撃ですよね。

YouTube動画がクオリティ命である理由は、この3つの弊害を避けられるからです。

動画の企画内容はもちろんですが、映像の質・音質・動画編集のクオリティが保たれていると、企業ブランディングを下げることなく潜在顧客にアプローチできます。

ハイクオリティな納品物にこだわる理由

YouTube メリット

わたしたちはYouTube動画の制作・運営代行をおこなっています。

企業からご依頼を受けたYouTube動画の制作で、クオリティを妥協することはありません。それはなぜか?クオリティの低い動画を量産するビジネスモデルだと、わたしたちも依頼してくださった企業様も幸せになれないからです。

量をこなして売上を上げていくという動画制作に、なんの魅力も感じていません。

動画制作は手を抜こうと思えばいくらでも手を抜けます。でも、それだとロボットと同じで仕事にやりがいを感じることは少ないです。

さらに、クオリティの低い動画を納品しても依頼主の満足度は得られないし、売上につながるYouTubeチャンネルに育たないことを知っています。企業にとって価値のあるYouTubeチャンネルをつくれないとわかっているのに、動画制作編集費用だけをいただくような仕事のやり方はあまり好きではないんですよね。

だから、わたしたちは「たかがYouTube動画なのに…」といろんな人に思われても、ハイクオリティな納品物にこだわりをもっています。

まとめ:YouTube動画はクオリティが命

さいごにまとめです。

YouTube動画はクオリティが命である理由は、完成度の低い動画を出し続けると企業にとって良くないことが起こるからです。

具体的には下記の3つの弊害が起こることをお伝えしました。

  1. 企業イメージを下げてしまう
  2. 潜在顧客獲得の足かせになってしまう
  3. 社員の貴重な時間を無駄にしてしまう

売上や知名度を上げるためにはじめたYouTubeチャンネルが、逆に企業の信頼度を落とすことにつながっていては本末転倒ですし、残念ですよね。

だから企業が運営するチャンネルは動画のクオリティまでを重視して運営するべきだと、わたしたちは考えます。

わたしたちがハイクオリティな納品物にこだわる理由は、ご依頼くださった企業様もわたしたちも幸せになれるYouTube運営をしたいからです。細部までこだわりを持つこと、クオリティに妥協しないことがYouTube動画では大切だと考えています。

以上、『YouTube動画はクオリティが命。ハイクオリティな納品物にこだわる理由』をお伝えさせていただきました。