YouTube 運営代行会社 選び方

YouTubeチャンネル運用実績

ネスピアは、これまでにさまざまなYouTubeチャンネルをサポートさせていただきました。

ここでは、マーケティング(動画集客)と動画制作のポイントをあわせて掲載しています。

YouTubeチャンネルのプロデュース依頼にお悩みの方は事例を参考にご検討ください。

掲載許可をいただいた動画のみ羅列しています。掲載事例以外でも、お客様のご要望に沿った映像制作が可能です。

ウィズホーム株式会社

地方工務店のweb集客について、Instagramは飽和状態にありYouTubeを積極的に活用している企業は少ないです。

YouTubeでルームツアー動画や家づくりのノウハウ提供をおこなうと、お問い合わせやご来店、ご成約の数を想像以上に増やすことができます。

企画提案や動画撮影にお困りの方は、下記ネスピアの実績をご参考にYouTube運営代行をご検討ください。

ポイント:公開から1ヶ月で47万回再生された動画。再生回数が伸びる施策を盛り込んだ企画、台本の作り込み、クリックされるサムネのデザイン、動画のさいごまで観てもらえるようなこだわりのつまった動画編集。85万回以上再生されており、YouTube動画からのご成約に貢献している動画です。

弊社にてYouTubeチャンネルのプロデュースを受託した場合、上記のような集客に直結する動画を制作できます。

ポイント:難しい内容の動画を誰にでもわかるように(伝わるように)動画制作しています。企画の段階から私たちと一緒に試行錯誤することで、コンバージョン率の高い動画をつくることができます。企画から携わることで、ただテロップを入れるだけの編集ではなく、内容までを深く理解し最適な形への編集が可能です。

ポイント:対談形式の動画を企画し、台本や資料の準備から弊社と一緒に考えていくことで、上記動画のような質の高い動画をつくることが可能です。視聴維持率を意識した動画編集をおこなった結果、普段の視聴維持率よりも25%数字が向上しています。

編集のポイント:インターネット上の物件見学会でもあるルームツアー動画を、誰にでもわかりやすく伝えられるよう動画編集しています。図面による現在地の確認や、別撮りのカットを挿入することで、口頭説明の足りない部分を補っています。

古賀マガジン

商圏エリアである地域の方に事業を知ってもらいたい・認知を拡大したいという悩みを解決するために制作したPR動画。企画の狙い通り、地域のみなさまから動画に関して多くのお問い合わせをいただくようになりました。このように、ネスピアでは売れる仕組みづくりや認知を拡大する仕組みをお客さまと一緒になって考えていきます。

ポイント:地域の魅力を音と映像で伝えています。緩急をつけた映像編集に加え、ドローン撮影にもこだわっています。自社商品の宣伝ではなく、多くの人が興味をもつ話題を提供し、認知拡大を目指して制作した動画。

株式会社へいせい

YouTubeをすでに活用してはいるものの、動画制作や企画を自社でおこなっているため、思ったような成果が出ていない…とご相談をいただきました。ネスピアにて、動画撮影・動画編集をおこなった動画を2本ご紹介しています。このように制作にプロが入ることで、企業としての見栄えを損なわない充実の動画マーケティングが可能です。

ポイント:間取り図面を動画のさいごに表示させることで、視聴維持率の向上を狙っています。ドローン撮影で映像にインパクトを、目線が画面下部のテロップに集中しないよう、ポイント表記や別カット素材を多数使用し飽きのこない動画編集をおこなっています。

ポイント:カメラの前や人前で話すことが苦手な人でも、企画・台本制作を事前におこなうと、動画編集技術にてカバーすることができます。ネスピアにて動画制作をおこなうと、複数のカメラで撮影をおこなうので、お客さまのお宅でも時間をかけずにスムーズな撮影が可能です。

株式会社エー・ワイ・エス

ポイント:オフィス機器の販売&メンテナンスをおこなっている会社の新人営業マンを広告塔とし、企業の認知度アップ、売上アップを目的としたチャンネル。YouTubeチャンネル全体の設計を初期におこない、お客様と二人三脚でYouTubeチャンネルを制作しています。

ポイント:テレビ放送にあわせてYouTube動画を制作。企画段階での思惑通り、テレビで放送されたあと再生数・チャンネル登録者数ともに増加しました。テレビや他SNSと連動した企画提案もネスピアの強みのひとつです。

株式会社タカギ 浄水器説明動画

ポイント:提供された動画素材をわかりやすく、そして視聴者にさいごまで見てもらえるよう工夫しています。具体的には、動く図解の挿入やポイント素材の挿入など。

九州YouTubeラボ-株式会社ネスピア

ポイント:同業他社と比較したうえで自社の強みをアピールした動画です。撮影前に台本を作り込んでいます。会社のイメージに合ったテロップのデザイン、目線が変わり飽きのこない動画編集がポイント。

ポイント:ワイヤレスピンマイクの実験映像をより伝わりやすいように動画編集にて工夫しています。Log撮影にカラーグレーディングをした動画です。

ポイント:モーショングラフィックスを使用した編集で、視聴者の目線を動かし、飽きがこないように工夫しています。

キックボクシングTV

ポイント:YouTubeっぽいエンタメ性のある編集事例です。場面の切り替えや効果音など、細かい部分にエンタメ系YouTube動画の編集ポイントがつまっています。弊社では、企業のYouTubeチャンネルでもエンタメ要素を意識した企画・撮影・編集が可能です。

ポイント:音楽に合わせた「痩せるダンス」が話題のフィットネス動画。フォントのデザインやアニメーションの工夫で、トレーニングが楽しくなるような動画編集をしています。