株式会社ネスピア代表の松見達也です。
私は大学卒業から7年間、オフィス家具メーカーで働いていました。

オフィス家具メーカー勤務時代は常にエンジン全開で、空間設計や労働組合の役員・新卒採用面談などさまざまな経験をさせていただきました。

20代の頃から、独立して新しい事業をつくっていきたい願望が強く、31歳のときに勤めていた会社を退職。退職と同時に福岡県古賀市へUターン移住し、地元福岡で事業を立ち上げようと決意しました。

当時、お金をかけずにできる副業やお金をかけずにできる集客方法はないかと模索し続けた結果、ブログビジネスと出会いました。ブログビジネス(Webマーケティング)で事業展開を目指した独立最初の一年間は、正直言ってうまくはいきませんでした。

「インターネットを通して世の中に価値提供を…」と自分なりに考え、行動していくにつれて、違和感を抱くようになりました。ネットの世界でのみ生きる自分への違和感です。

この違和感を突き詰めて考えていく過程で、自分の強みに気づきました。

私の強みは、Webビジネスと対面でのビジネスを掛け合わせることです。

Webマーケティングで身近な人の役に立ちたい思いに変わりはありません。しかしそれは、Webの世界に没頭することとは違いました。対面でのビジネス、リアルでの人脈、私の人となりを知ってもらったうえで仕事がしたい。そう強く思うようになりました。

インターネットを通じてでも自分の思いは伝えられますが、やはり本質的な部分や人間的な相性は対話でしか感じ取れないと思っています。

人との対話、空気感を大切にしたい、そして育ったまち福岡に関わる仕事がしたいという思いから、地域に特化したwebマガジン「古賀マガジン」を立ち上げました。

福岡県古賀市は私が育った町です。
古賀マガジンを立ち上げてからしばらくは、海外と日本を行ったり来たりする生活が続きました。

2019年から海外事業展開を目指し、これまでに培ってきたブログビジネスと動画をかけ合わせたサービスで自己実現を…と試行錯誤を繰り返していましたが、2020年コロナウイルスの影響で道半ばではありましたが中断することになりました。

コロナウイルスでの自粛期間中は、自分と向き合ういい時間でした。

海外事業展開中に習得した、動画・ブログ・SNSという武器を使って地元に貢献したい。

福岡を飛び出し、九州を飛び出し、日本を飛び出し、そこで得たスキルを地元に還元する。

「お客さまと地域社会の期待を超える動画制作・寄り添うマーケティング支援を通して、社会をポジティブに!」というネスピアのビジョンが生まれたのは、コロナウイルスで海外事業が失敗に終わったときです。

私のもう一つの強みは諦めが悪いところかもしれません。
失敗で終わるのではなく、自己実現するまで続けます。

おかげさまで、YouTube運用プロデュース・古賀マガジンはご好評いただいております。

これからも人とのご縁を大切にし、ネスピアに関わっていただけるみなさんと大きく成長していきたいと思っています。